HOME > 社内レポート>2007年

社内レポート2007

  • 2007年12月 広島県内の自家発電設備修理
    発電機を運転したところ、エンジンが起動しない為、調査の依頼がありました。現地にて調査したところ、バッテリーが悪くなっており、インピーダンス測定により判明しました。バッテリー交換により復旧しました。
  • 2007年12月 品質情報システムの内部監査を行いました。
    品質システムの有効性を確認するため、社長以下品質保証推進プロジェクトの内部品質監査員8名により、内部品質監査を2日間にわたり行いました。その結果、当社の品質システムは、問題なく機能していることが確認されました。
  • 2007年11月 岡山県内の遠方監視制御設備修理
    遠方監視制御局の回線異常が発生する為、調査の依頼がありました。現地にて調査したところ、回線出力部のリピータ基板が故障していました。お客様の予備品と交換し、正常に復旧しました。
  • 2007年11月 広島県内の受変電設備修理
    電力会社の停電により商用→自家発が切り替わらず場内停電となった為、調査の依頼がありました。現地にて調査したところ、52Bの遮断器が畜勢出来ていなかった為、52Bが投入しなかった。52Bの遮断器が不良である為、客先の予備遮断器と交換し正常に復旧しました。
  • 2007年11月 電力会社による昇降柱訓練に参加しました。
    日頃の昇降柱に問題がないかチェックを受ました。補助ロープの使用や検電箇所等がチャックポイントとして指摘が多かった。今後は声を出して昇降するように心がけたいと思います。
  • 2007年11月 情報セキュリティー関連の講習を受講しました。
    近年のウィルスや不正アクセス、情報漏洩等に関連する内容で、これにらによって企業が受ける被害は大きいと感じられる。社員1人1人がその重要性を理解し情報漏洩が起こらないように業務を進める必要があります。

社内レポート アーカイブ